スペイン語教室ADELANTE<アデランテ>大阪でスペイン語を学ぶなら梅田にあるスペイン語専門の学校ADELANTE.楽しく一緒にスペイン語を学ぼう!

 
教室について
教室紹介

スペイン語とは・・・

コース案内

体験レッスン

よくあるご質問

受講生の声

イベント

法人向けサービス

スペイン語書籍: Libros
学習テキスト

DELE試験対策本

レベル別副読本

スペイン留学サポート
サービス内容

スペインの語学学校

留学体験談

学生ビザ

スペイン語を習得しよう!
DELE検定

スペイン語技能検定

スペイン語単語集


ひとこと日常会話

ことわざ

スペイン語の映画

講師の日記: Día a día

受講生の日記: Diarios

スペイン&ラテン情報
カルチャー情報

歴史人物紹介

スペイン基本情報

旅の写真集

スペイン料理

スペイン バル&レストラン

ラテン レストラン

フラメンコ スクール

リンク集

スペイン&中南米への留学なら、スペイン留学.jp

スペイン語の本&雑貨 ADELANTE オンライン書店

スペイン・ロマネスク百科事典 / ENCICLOPEDIA DEL ROMANICO EN ESPANA

日本とスペインをつなぐ無料スペイン情報誌 acueducto 〔アクエドゥクト〕

自宅でも本場のパエリアを♪パエリア鍋
パエリア鍋の購入は↑




 TOP >> 
学生ビザ

90日以内の滞在はビザ不要
観光ビザを現地到着後に長期滞在のための滞在許可証には変更できません。

短期の留学査証(90日以上180日以内のスペイン滞在者が対象)
◆出発の約2ヶ月前に申請すること
◆スペイン現地での滞在期間の延長は一切不可能

必要書類・条件等

1)査証申請書(原本と両面コピー1部)
オリジナルに必要事項をすべて記入し、コピー後、申請本人がパスポートと同じ署名(2枚とも手書き)すること。スペインへの入国日は予定日として授業開始日と大体一致すること。必ずスペイン語(ローマ字表記)にて活字体、大文字で記入。
2) 本人出頭
申請書類は、必ずスペイン大使館に出頭の上、申請して下さい。(郵送申請不可)本人が出頭できない場合は、委任状を与えられた者が代理出頭して申請して下さい。
3) カラー写真(4.5cm×3.5cm、背景は白色)×2枚
申請書の左上に貼付すること。(同じもの2枚)
4)パスポートとコピー1部。
スペインへの入国日より1年以上有効のもの。
5)入学許可証
公立の教育・科学機関或いは認可された私立機関において勉学のため登録を済ませているか、或いは入学を許可されていることを証明するもの。登録時間は、最低で91日以上で出席する授業時間数も明記されていること。原本とコピー1部。
6) 経済能力を証明するもの
日本からの往復の経費と月額535ユーロ相当額以上(宿泊費も含まれる)のスペインでの滞在費を支弁する能力を証するものとして下記のうちいづれかを1つ選択
(a) 残高証明書:金融機関または郵便局が押印(押印されていないものは不可)、発行日から1ヶ月以内のもの(和文でも可)。親の扶養家族である学生の場合は、親名義の残高証明でも可。その場合、戸籍謄本と住民票を提出すること。
(b) 雇用されている会社から勉強のため派遣される場合、渡航目的、期間、学校名とその所在地、往復の費用や生活費等を会社が保証することを明記したもの。
(c) 給費・奨学金の証明書:スペイン又は他国の公的・私的機関からスペインで勉強するために十分な給費を受けていることを証明するもの。原本とコピー1部。
7) 宿泊証明
滞在期間中の宿泊が用意されいることを証明するもの。学校が斡旋する場合は、学校の宿泊証明書でも可。宿泊先の住所も明記すること。(原本とコピー1部)
8)海外健康保険
スペイン滞在中の障害・疾病に備えての医療費及びそれに伴う日本への一時帰国をカバーする障害・疾病保険に加入しているという内容の証明書(英文あるいはスペイン文)。希望の滞在期間をカバーしていること。保険会社の押し印なきものは無効。(クレジットカードに含まれている場合は不可)。原本とコピー1部。
9)返信用定形封筒(結果通知用)
宛先、郵便先番号、宛名を記入し、80円切手を貼ったもの。
※パスポートを郵便で受領希望の場合は、さらにもう1枚。(宛先、郵便先番号、宛名を記入し、書留速達用の850円切手を貼ったB5版ぐらいの大きさ)の返信用封筒。

◎外国人の場合、日本での長期の在留資格と再入国許可を保有していること。コピーを各1部提出。
◎手数料:6,375円 (日本国籍の場合、無料)

長期の留学査証(181日以上のスペイン滞在者が対象)
◆出発の約3ヶ月前に申請すること
◆スペイン現地での滞在期間の延長可能


必要書類・条件等
1)査証申請書(原本と両面コピー1部)
オリジナルに必要事項をすべて記入し、コピー後、申請本人がパスポートと同じ署名(2枚とも手書き)すること。スペインへの入国日は予定日として授業開始日と大体一致すること。必ずスペイン語(ローマ字表記)にて活字体、大文字で記入。
2) 本人出頭
申請書類は、必ずスペイン大使館に出頭の上、申請・受領して下さい。(郵送申請・受領不可)
3) カラー写真(4.5cm×3.5cm、背景は白色)×2枚
申請書の左上に貼付すること。(同じもの2枚)
4)パスポートとコピー1部。
スペインへの入国日より1年以上有効のもの。
5)入学許可証
公立の教育・科学機関或いは認可された私立機関において勉学のため登録を済ませているか、或いは入学を許可されていることを証明するもの。登録時間は、最低で181日以上で出席する授業時間数も明記されていること。(原本とコピー1部)
6)無犯罪証明書
申請日から逆算して日本を含め過去5年間移住した国々(スペインは除く)の警察当局発行の無犯罪証明書。或いはスペインの刑法に基づいて6ヶ月以上の実刑に処せられていないことを証明する警察当局発行の証明書。(発行日より3ヶ月以内のもの)(18歳未満の場合は不要)
7) 経済能力を証明するもの
日本からの往復の経費と月額535ユーロ相当額以上(宿泊費も含まれる)のスペインでの滞在費を支弁する能力を証するものとして下記のうちいづれかを1つ選択
(a) 残高証明書:金融機関または郵便局が押印(押印されていないものは不可)、発行日から1ヶ月以内のもの(和文でも可)。25歳未満、親と同居している学生の場合は、親名義の残高証明でも可。その場合、戸籍謄本等と住民票を提出すること。
(b) 雇用されている会社から勉強のため派遣される場合、渡航目的、期間、学校名とその所在地、往復の費用や生活費等を会社が保証することを明記したもの。
(c) 給費・奨学金の証明書:スペイン又は他国の公的・私的機関からスペインで勉強するために十分な給費を受けていることを証明するもの。原本とコピー1部。

8) 宿泊証明
滞在期間中の宿泊が用意されいることを証明するもの。学校が斡旋する場合は、学校の宿泊証明書でも可。宿泊先の住所も明記すること。(原本とコピー1部)
9)海外健康保険
スペイン滞在中の障害・疾病に備えての医療費及びそれに伴う日本への一時帰国をカバーする障害・疾病保険に加入しているという内容の証明書(英文あるいはスペイン文)。希望の滞在期間をカバーしていること。保険会社の押し印なきものは無効。(クレジットカードに含まれている場合は不可)。原本とコピー1部。
10)健康診断書
スペイン大使館作成の雛形に基づいて、医師が記入、署名し、医師及び病院印(別々の印)が捺印された最新のもの。(発行日より1ヶ月以内のもの)(指定病院はありません)
11)返信用定形封筒(結果通知用)
宛先、郵便先番号、宛名を記入し、80円切手を貼ったもの。

◎外国人の場合、日本での長期の在留資格と再入国許可を保有していること。コピーを各1部提出。
◎手数料:6,375円 (日本国籍の場合、無料)

◎査証が認可された場合、認可通知書の日付から90日以内にスペインに入国しなくてはいけません。
◎スペインへの入国日より30日以内に、居住予定の警察署で、学生証(Tarjeta de Estudiante)を取得して下さい。


※ビザ申請用書類には生年月日とパスポート番号が必ず必要です。
※学生ビザ申請用紙は直接在日スペイン大使館領事部へ取りに行くか90円切手を貼った返信用封筒を同封して郵送で請求してください。

在日スペイン大使館領事部

 〒106-0032 東京都港区六本木1-3-29
 TEL:03-3583-8531 又は03-3583-8532 FAX:03-3582-8627
 申請・受領時間: 月~金曜の9:30~14:00
 (土曜、日曜、祝祭日は閉館)

以上の内容は、2012年1月のものです。ビザの情報は予告なく変更されることも多いので、申請の際は、スペイン大使館に最新の情報をご確認ください。
Copyright© 2006-2013 ADELANTE All Rights Reserved.      
 スペイン語教室 ADELANTE 大阪市北区梅田2-5-8千代田ビル西別館F TEL 06-6346-5554    Page Top